ミッション

mission

DMMアグリは、農業に関する
課題解決を行う企業です。

DMMが持つ様々なソリューションを活用し、農家の方々が抱えるお悩みの解決を行います。
まずは鳥獣被害対策をメイン事業とし、これを起点として「農業の未来」、そして地域社会への貢献を目指します。

電気柵販売から被害対策ノウハウの確立、
そしてその先へ。

現在、野生鳥獣による農作物への被害金額は年間で約200億円とも言われており、たいへん深刻な問題です。
しかし、野生鳥獣の適応能力の進化、過疎化や高齢化等に伴う人間活動の低下・荒廃土地の増加、狩猟者の高齢化に起因する捕獲数の低下など、様々な問題が複合的に存在し、簡単に解決できる状況ではありません。
DMMアグリでは電気柵販売をはじめとして、被害対策ノウハウの確立からコンサルティング、関連情報の集約までを行い、問題の解決を目指します。

電気柵について

ジビエの流通・ブランディングを通じて
消費サイクルをつくる。

野生鳥獣による農作物への被害問題を解決するためには、被害→ 対策 → 資源化 → 消費のサイクルをつくり、さらにそれを日本全国に展開していくことが重要です。
電気柵を使った「対策」だけにとどまらず、DMMが持つ人材、プロモーション、ブランディングノウハウを用いて、シビエの流通促進やブランド向上を行い、それにより新たな消費を生み出していく。そうする事により、問題の持続的な解決に繋がると考えています。